犬と古い町並みの信州上田城下町北国街道柳町を歩く 霧隠才蔵 長野県

      2019/07/26


犬と長野県信州上田城下町北国街道柳町を歩いてみた

真田幸村の父、真田昌幸公によって

上田城の築城と共に誕生した信州上田城下町

江戸時代には中山道と日本海を結ぶ北国街道の宿場町として

明治期には呉服屋の並ぶ商い処として栄えた町だ

信州上田を代表する地蔵酒や味噌蔵などご当地グルメが並んでいる

400年の歴史ある城下町で昔ながらの面影を残す

風情ある町並みの上田宿柳町通り

北国街道は上田城築城の15年後の慶長3年(1598年)上田城下に通り

しつけが出来れば愛犬が愛おしい存在に 「お利口なワンちゃんね」と色んな人から褒められると嬉しい 散歩中、飼い主のペースに合わせてぴったりと隣を歩いてくれる 落ちているものに気を取られず広い食いも無くなる 「おいで」と呼ぶと駆け寄ってきてくれる こんな風にしつけが出来ればより愛犬が愛おしくなります ワンちゃんのこんな問題行動に悩まさられる 散歩中、他のワンコや通行人に吠える 来客の方に吠えるし噛みつこうと抑えるのが大変 家中の家具やコードを噛まれてボロボロになった カーペットの上におしっこをする 落ちているものを拾い食いする しつけをしても すぐに効果が戻ってしまった・・・ しつけがうまくいかない ピンポイントで一つの問題行動を直そうとしてはいけない イヌバーシティで紹介しているしつけの3本柱の正体は ➀非体罰の主従関係 あなたのワンコを安心させ、聞く姿勢を育てる ➁コミニケーション~ワンコを安心させ、聞く姿勢を育てる~ ③社会化 過保護にならずワンコに豊富な経験をさせる
スポンサード リンク

参勤交代の大名(加賀百万石など)や佐渡金山の通路として

や庶民の善光寺参りの参道として大変賑わったようだ

昔ながらの町並み

武田味噌 直売店 旧北国街道 菱屋前に旧い赤いポスト

柳町通り

格子造りや蔵造りの家々が軒を連ね

造り酒屋や手打ち蕎麦おお西など蕎麦屋などの飲食店が並ぶ

「いぬのきもち」や温泉旅なら「るるぶ」、 いろんな雑誌400種類以上!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

コラボ食堂&カフェ

スポンサード リンク

旧い家屋が逆にお洒落

これは焼き鳥屋

蔵屋は蔵造りだが地元食材や自家製にこだわる西欧風料理の店だ

縁結び水かけ地蔵と水琴窟

横にある縁結び水掛け地蔵にかける水琴窟の水は、

上田城鬼門除けの寺海禅寺より流れる保冷水を引いている

保冷水は上田初の水道水

この水をお地蔵さまにかけ、ご身体を清め、その水が滴となって落ち、

地中にたまった水面を売って琴の音のように響き、

この美しい音は縁結びの始まり音らしい

琴の音のように響くらしい

その横にあったアニメっぽい像

真田十勇士まちなかモニュメントのひとつ

霧隠才蔵(きりがくれさいぞう)

伊賀流の忍者、太郎山(上田市)の霧から雲隠れの術を会得したという

明治時代以来、立川文庫によって広く知られるようになった「真田十勇士」

真田幸村とともに活躍したという戦国ヒーローが信州上田城下町の街中で

スポンサード リンク

あちこちに立てられている

今日は仕事前の早朝の散歩だったので店は開いてなかったけど

ペットOKのテラス席もあるらしいのでまた日中訪ねてみたい

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されていますので ワンちゃん猫ちゃんの健康に良い飲み水としても有効です

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 犬とお出かけ 長野