Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

犬と昭和レトロな岐阜駅前を歩く

      2018/03/20


かつては繊維王国と呼ばれた岐阜駅前を犬と観光がてら歩いてみた

できるだけ安い駐車場を探し少し駅から離れた30分100円の

コインパーキングを見つけて止め、犬と歩く

JR岐阜駅は1887年建設 岐阜県岐阜市橋本町一丁目

その駅前の昭和レトロな繊維問屋の町を

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

少し離れた名鉄岐阜駅

繊維問屋の方は閉まってる店ばかり、休日だからかな

スポンサード リンク

たまに開いている飲食店はかなり行列が出来ている店だ

繊維問屋はかなり大きなアーケード、やはり閉まっている店が多い

ガランとした問屋街ばかり、平日は卸業者などで人が多いかもしれないが

古いビルは廃墟みたいに見えるし逆に昭和レトロさを感じさせる

昔栄えたという繊維産業は今は昔なのか

この古い大きなビルは廃墟ビルのように見えるが

「いぬのきもち」や温泉旅なら「るるぶ」、 いろんな雑誌400種類以上!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

伝統ある建物なのだろうか

1時間歩いた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
しつけが出来れば愛犬が愛おしい存在に 「お利口なワンちゃんね」と色んな人から褒められると嬉しい 散歩中、飼い主のペースに合わせてぴったりと隣を歩いてくれる 落ちているものに気を取られず広い食いも無くなる 「おいで」と呼ぶと駆け寄ってきてくれる こんな風にしつけが出来ればより愛犬が愛おしくなります ワンちゃんのこんな問題行動に悩まさられる 散歩中、他のワンコや通行人に吠える 来客の方に吠えるし噛みつこうと抑えるのが大変 家中の家具やコードを噛まれてボロボロになった カーペットの上におしっこをする 落ちているものを拾い食いする しつけをしても すぐに効果が戻ってしまった・・・ しつけがうまくいかない ピンポイントで一つの問題行動を直そうとしてはいけない イヌバーシティで紹介しているしつけの3本柱の正体は ➀非体罰の主従関係 あなたのワンコを安心させ、聞く姿勢を育てる ➁コミニケーション~ワンコを安心させ、聞く姿勢を育てる~ ③社会化 過保護にならずワンコに豊富な経験をさせる
スポンサード リンク

 - 犬とお出かけ 岐阜